昨日のキューピット頭飾りの作り方。
どこかでお役にたてればいいなぁ~と思いますが、ちょこちょこ細かい点は飛ばしたのでちょっと補足。

針金を使うと、ニッパーで切った先がかなり危ないです。頭につけるものだからちゃんと処理しないとね。
そしてコードはお使いになった方はご存じだと思いますが、先がバラバラと開いてきます。
そのままではほぐれちゃうので見栄えが非常に悪い。
そこでグルーガンを使うんだ~♪って昨日は説明をしたわけですが、もうちょっと詳しく書いておこうと思います。

先に断わっておきますが、昨日のやり方の分しか写真を撮っていないのでこのやり方だけのご紹介ですが、私もこの方法だけでなく針金の輪っかを残したいときやその日の気分によってやり方を変えたりしてます。
グルーガンで留めるのも、遠目には別に問題ないと思うのですが、近くで見る分にはやっぱり美しくはないのでこの方法がベストというわけではありません。あしからず。。。(^^;


では、コードティアラの端処理行きます☆

2012-09-17 04.18.20
まず先に針金をこのように曲げておきます。曲げた先が針金に付けて飛び出し防止になるように。

2012-09-17 04.18.30
針金の先が隠れるまでコードを持ち上げます。
(コードに針金を通す時、必ず余裕を持たせてください。カーブやこのような端処理の時に余裕がないと、途中でツレて針金が飛び出したり、スパン等を縫い付けたくても余裕がなくて非常に縫いにくくなります)

2012-09-17 04.18.56
糸や細いワイヤーでぐるぐる巻きにしてコードを固定。
私はフラワーアレンジメント用のワイヤーを愛用しております♪

2012-09-17 04.23.16

そして最後はバラバラになった紐をまとめるようにグルーガンを塗りつけ、まだちょっと熱いうちに形を整える。
(やけどに注意!)
グルーガンは再加熱すると溶けてまたくっつくようになるので、この部分をスパンコール等で隠したいなという場合はグルーガンを押し当てて溶かすだけでOKです(新たにグルーを盛る必要はありません)


とこんな感じでbesuoは端処理をしております。
もっと美しく、簡単にできるよ~っていう方がおられたら教えて欲しいなぁ。


ブログランキングに登録しています。応援ポチッ↓とお願いいたします☆

にほんブログ村 演劇ブログ バレエへ
にほんブログ村

おや、昨日の記事がバレエジャンルで注目記事ランキング入りしているよ!嬉しいな☆


スポンサーリンク
コメント一覧
  1. vodka より:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    毛針作ってたの思い出した。
    やっぱ細かいところの丁寧さが
    色気出すからね~
    そう言うところのオリジナルテクニックあると
    強いのだろうね~
    がんばって、作ってください!
    応援してますよぉ~
    ちなみに、グルーガンより低融点の金属で
    蝋着してまとめると綺麗かもしれませんな~~
    ナンチャッテネ
  2. besuo より:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    師匠、おばんです(^0^)/☆
    師匠も作品の幅広いですねぇ。。。今初めて知ったわけではないけど(爆)

    でもこれ、かなり大雑把な処理です(^^;
    私の中ではコードを使った頭飾りは量産向けの場合が多いので、
    丁寧さよりも迅速でなんちゃってでそれなりにきれいに、というのが目標なので(笑)
    このキューピットにしても8人分は作らないといけないからね(^^;

    でも金属でロウ付けという発想はなかったなぁ
    グルーガンより低融点の金属って何だっけ。。。
    というわけでちょっと調べてたら、グルーガン自体も低温と高温があるということを知った。
    うーん。また一つかしこくなったよ♪
    (で、肝心の融点の低い金属とは何よ!?)
    バーナー使わなきゃいけないならコードが燃えちゃうって!!!(爆)

    いや~いつも応援ありがとうございます(^人^)
    ついでに。。。フェイスブックの誕生日うんたらというのは何をどうやればいいのだろう!?
    ここでばらしていいなら私の誕生日は12月1日ですよ~
    じゃなくて、師匠の誕生日をこちらに登録しろという意味なのか?
    トンチンカンなこと言ってたらごめんなさい~~(--;ゞ
コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

未分類の関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pickup
おすすめの記事