何度目かのこのタイトルを書きながら、
「早くこれが最終形態だ!!」って思えたらなぁ。。。と相変わらず自分のティアラに終わりを見だせない自分にちょっと呆れつつ。。(爆)

まぁそれでもとうとう軽銀(アルミ)から脱却しましたので、かなり自信をもって出せるようになってきましたよ☆(≧▽≦)ノ☆
後は、、後はあれを何とかしたい。。。ていうのがまだあるので、
これでEstherのティアラの仕様は完成した!!とは言えないんですが。。orz
(でもこれまでも何度か書いてるように、バレエ用のティアラにそこまでの労力とコストをかける必要があるかどうか
というのも悩みどころなんですよね(ーー;))

また前置きが長くなりそうなので、さっさと本題に入りましょう。
素材がアルミから真鍮に変わりました。
アルミは柔らかく軽い。そのまま真鍮に変更すると硬く重くなる。
なので、真鍮でも軽くなるように線を細くし、叩きのばした後再び焼きなまししてちょうどいい柔軟性を確保しつつ、直接ピンを刺しても破損しないぐらい強度をアップさせて余計なものを省き、よりすっきりした外観にしました。
使い方例002
コームやネット、ピン止め線などをつけないとネックレスとしての使いまわしも気軽にできます☆


また研磨作業を入れることによって素材を鏡面に加工することができるようになったのでデコベース(軽銀ティアラでいうフレーム)段階で輝きを持たせることができるようになりました(≧▽≦)ノ☆
2015-08-12 08.12.42
(これはまだ磨きが甘いけど)

より使いまわしがしやすくなると、肌に触れるような使い方をすることもあるでしょうから、
裏には金属アレルギー防止のコーティングもしてあります。
(とはいえ、舞台の大汗やお化粧付着などでコーティングがはがれる可能性は十分あるので
金属アレルギーの人でも安心して使えます、という意味ではありません。あくまでも予防ぐらいの気持ち)

素材も工程もガラッと変わったので、申し訳ないですが値段も改訂させていただいております。。
とはいっても相変わらずいっぱいいっぱいの状態なので、少しずつ写真が撮れたものから改訂中。
(混乱防止のため、改訂前にご注文いただいた場合は新仕様でも改訂前のお値段で作らせていただいております☆
でも体1つしかないので、舞台が決まってない状態の改訂前駆け込みのご注文はご遠慮ください(´;ω;`))

T-011a2015-08-31 09.04.25
かわいい。。我が子はマジかわいい←超親バカ

今日も1点作れるかな。
よろしければ今日もポチッと応援お願いいたしますm(__)m☆
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ バレエへ
にほんブログ村

しばらくは旧仕様で作っていたデザインを新仕様で作るのにいっぱいいっぱいになると思うので
新作は作れないと思います。。( ノД`)
早く試着用の見本を揃えていかなきゃなー。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pickup
おすすめの記事